スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女帝の誕生

社長秘書A子の経緯を聞いた。

ホームセンターの従業員だった現在の社長が、知り合いから儲かるからやってみろと言われた単価を低く抑えた美容室を立ち上げようと、上州から単身東京に出て貯金を叩いてリーズナブルサロンチェーン1店舗目をとある駅ビルに作った時、単なる従業員の一人だった現在の秘書A子は離婚したばかりで幼児を親に預け、サロンで働いたあとにコンビニでバイトするような赤貧の生活を送っていた。


リーズナブルサロンチェーンが3店舗目になり経営が安定してきた頃だった。

働き疲れたA子はある日、一計を案じた。
とあるマンションに仮住まいをしている社長を尋ね「私、手が痛くて長時間美容の仕事が出来ないんです。」
「何かほかに出来る仕事は無いでしょうか・・・。」
「離婚して子供を抱えてどうしていいのか分からなくて。」
と泣いて見せた。半分本音半分計算の迫真の演技だったろう。

男は女の涙に弱いもの。
慰めている内に体に触れ、女房から離れて敏感になっていた男の部分が目覚め、抱き付かれて何時の間にかなるようになってしまったようだった。



A子は計算ずくだから、その後はフロで背中を流すほど甲斐甲斐しく身の回りの世話と欲望の捌け口を提供して、もちろん避妊せずに妊娠に成功した。



後は天下をとったように一従業員から女帝としてこれまで自分をこき使った先輩や苛めた同僚達に大きくなりつつある腹を誇示するようにしながら、仕返しをするように自分に逆らうものは片っ端から排除し始めた。

現在では全ての従業員が陰ではみんな色仕掛けをさげすんでいるが、表向きは服従している。

僕も誰にも詳細を聞かないうちに大体の雰囲気で察してはいたが、最低の女だと思いつつあらためて色んな従業員に断片的に聞いた話を総合して体を武器にした必死さが怖い女だと思った。

社長は出産が迫ったA子を、同じ会社にいつまでも置く訳にも行かず、新会社の社長に据え、妾腹の子の責任と母子の生活の安定を図るために、僕にA子をフルサポートして新会社を立ち上げ、別会社としてスタートしてくれないかと打診してきた。

生理的にはふざけるな!だが、面白い展開になってきた。

美人店長は僕とA子2人で別会社立ち上げで近付くのを警戒と嫉妬心から面白くない様子だったので、説得に苦労した。

釣りとは関係なくなってきたな(笑)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛スタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

mnozinsei

Author:mnozinsei
ヘアースタイリストM

本物の僕です↑

美容師の世界で生きている格闘技と釣り好きなMの自分史。
現在と過去の時代が前後交錯しますが、これまでの人生を思い出すままに書き綴ります。
関東在住♂






にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


※画像はオリジナルと
 イメージの場合があります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。